世界の都市の旬の話題

2018-02-01

スクーターで巡るミッドセンチュリーモダン建築

from Los Angeles

スターが豪遊した文化を継承するパームスプリングスでは、美味しいレストランや豪華な宿泊施設も多い。カリフォルニアの美しい景色がなんとも絵になる場所だ。

スターが豪遊した文化を継承するパームスプリングスでは、美味しいレストランや豪華な宿泊施設も多い。カリフォルニアの美しい景色がなんとも絵になる場所だ。

ロンゼルスから車で2時間ほど、約180km東に向かったところにある、パームスプリングス(Palm Springs)。砂漠でありながら地下からの水で潤い、ハイキングやゴルフ、テニス、乗馬、カジノ、果てには温泉や夜遊びなど、さまざまなアクティビティが愉しめるリゾート地だ。冬でも平均気温は10°C後半と暖かく、LAの避寒地としてセレブが滞在することも多い。

また、別荘地らしく、20世紀中葉に建てられた、いわゆるミッドセンチュリーモダンの建築が集中していることでも有名だ。美しい砂漠と荒々しい山の風景のなかに佇む数々のモダンな名建築は、当時の建築家たちと施主たるセレブたちがトレンドセッターとして活躍していたことを偲ばせる。建築を巡る旅には、スクーターによるツアーがおすすめだ。心地よい風を切って走りながら、名建築の見学はもちろん、ヤシの木が生い茂る砂漠のオアシス、インディアンキャニオンで大自然がつくりだす太古の歴史に思いを馳せたり、エリアに広がる観光スポットを網羅できるはずだ。

Scoot Palm Springs
パスポートではなく国際免許証を持参のこと。運転できるスクーターなど、ツアーの詳細は公式サイトなどで直接確認を。
scootpalmsprings.com

観光を愉しむためのハワイでの新ルールにご注意

from Hawaii

何度も訪れている場所でも、ルールなどは変わる可能性があるもの。最新の情報収集を心がけたい。

何度も訪れている場所でも、ルールなどは変わる可能性があるもの。最新の情報収集を心がけたい。

冬の間、避寒で常夏の島ハワイを訪れる方も増えるかもしれない。特にリピーターも多いハワイでは、条例などのルールがいつの間にか変わったことに気づかないこともあるので、改めてご注意を。まず、昨秋10月より、オアフ島内では道路横断中にスマートフォンなどの電子機器を使用することを禁止した条例が施行されている。歩行者が「道路を横断中」に、電子機器類(携帯電話、スマートフォン、ノートパソコン、タブレット端末、携帯電子ゲーム機、ポケットベル類、デジカメなど)の画面を見る行為が規制される。歩道通行中の閲覧や、道路横断中であっても単に音声通話をしているだけであれば規制対象外だ。違反するとペナルティの可能性も。罰金額は初回違反が15~35ドル、複数回の違反は35~99ドル。

また、最近自転車をレンタルする観光客も多いが、ハワイでは、車道もしくは自転車専用レーンを右側通行が原則。オアフ島内ではワイキキ、ダウンタウンエリアは歩道走行が禁止されている。車と同じルールを守る必要があるので、右側通行や一方通行の逆走も禁止だ。くれぐれもご注意を。

Hawaii
ハワイ・オアフ島の中心都市、ホノルルへのアクセスは、成田国際空港からデルタ航空の直行便で約7時間半。関西国際空港、中部国際空港、福岡空港からも、ホノルルへデルタ直行便が運航。